防災情報の活用、防災用品の備え

東日本大震災の後、何度も大きな地震や、集中豪雨による水害、そして最近ではまた熊本県を中心とした地震によって、多くの犠牲者を伴う大きな災害が起こりました。

こうしたことをきっかけに、防災情報を集めたり、防災用品を揃えておいたりと、万一の時に備えて準備をする人が増えました。ただ、被災地以外ではどうしても時がたつと危機感が薄れてしまうことが多いように思います。

 

災害に備えるために大切なことは、まず日ごろから住居付近の環境や災害に対する強さを知っておくこと、もう1つはまさかの時のために必要な食料など防災用品の備えをしておくことです。

地震や大雨によってライフラインが絶たれたり、思わぬけがをしたりした時に、備えておけば役に立つのが防災用品で、中でも必要最低限のものを揃えた防災セットも市販されています。

 

東日本大震災の後、防災意識が高まったせいか一時的に保存食品や乾電池、カセットコンロ、懐中電灯などが店頭から消えたことがありました。実際に災害が起きてからそんな状態にならないように、今から十分な備えをしておきましょう。

防災チェックリスト

災害に遭ってしまった時必要になるのは、ふだんの生活を最低限続けていくだけの物資です。当然食料や水は要りますね。また電気やガスなどのライフラインが切れてしまった場合にも備えないといけません。

「防災用品」や「防災セット」は、何も起こっていない時には必要がないので、一揃い買っておいても何が入っているか忘れる人もいるほど、何となく安心してしまいがちです。

 

少なくとも、災害時のために何が必要か、また何を持っているかをいつでも確認できるチェックリストを作っておきましょう。リストを自分で作ってみると、出来合いのセットでは足りないものにも気づき、それを買い足しておくこともできます。

具体的には、飲料水(1人1日3リットルが目安)、非常食(保存がきき、火を通す必要がないもの)を最低3日分は用意しておきましょう。それと医薬品、特に常備薬や持病のための薬は欠かせません。

 

また、先日の熊本地震の報道を見てわかるように、夜暗い時に家から出なければならない事態への準備がとても大切です。寒さを凌ぐ衣料、毛布、そして懐中電灯があれば思わぬ転倒によるケガを防ぐことができます。

さらに細かいことは別の記事として書きますが、電気が途絶えても使える携帯ラジオは情報を得るために必要ですし、携帯電話の充電池も現代の防災用品としては必需品といえるでしょう。

防災グッズの紹介

防災グッズ / 防災用品 / 防災セット / 救急セット / 簡易トイレ / 携帯トイレ /
防災頭巾 / レインコート /
ミネラルウォーター / 飲料水 / 非常食 /

LEDランタン / カセットコンロ / 充電器 / 携帯ラジオ /

寝袋 / テント /

 

ページトップへ